佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターのふるさと納税寄附金の活用内容

2017/08/10

詳細メイン  
佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターでは、皆様からのご寄附を高齢者・障がい者を対象とした事業に活用します。
① バリア調査事業  パーソナルバリアフリー基準に基づいた観光施設のバリア調査を行う。
    嬉野市内外の未調査の観光施設の情報を多く収集する事により、より充実した情報提供に繋げる。 
 
② 情報提供事業    パーソナルバリアフリー基準に基づいた情報提供事業を行う。
     BFTCに問い合わせ頂くお客様は、基本的に旅行への不安を抱えている方ばかりです。その様なお客様の問い合わせに対し、単純にバリア情報を提供するだけでなく、「安心して旅行できますよ」というメッセージを伝え、安心感をえるような情報提供を心がけます。
また、相談者個々の嗜好に合う楽しみ方やその季節ならではの楽しみ方のご提案ができるようになる事で、嬉野温泉への観光客が更に増加するような情報提供を心がけます。
 
③ 介助器具貸出事業
     BFTCが保有する介助器具の無料貸し出しを行います。
      移動補助器具(車椅子、ベビーカー等)
      入浴補助器具(シャワーキャリー、浴用電動リフト等)
      BFTCが保有していない介助器具の貸し出し希望があった場合、市内福祉器具販売業者と連携し、貸し出し可能な器具に関して有料にて貸し出しを致します。
 
④ 入浴介助事業
     高齢者や障がい者等の入浴困難者を対象として、入浴介助ヘルパー派遣を仲介する業務を行います。
 
⑤ UD啓発イベント事業(湯らっくすコンサート、ニューミックステニス)
     UD啓発と交流の為にこれまで開催してきた2つのイベントを今年度も継続して開催致します。
「ボッチャ」に関しては、今年度も行政と連携しながら、普及促進に繋げて行きます。
 
⑥ 広報・宣伝事業 
     SNS等を用いた情報発信を行うとともに、メディアへの取材依頼を積極的に行い、できるだけ多くの方にBFTCを知って頂き、利用して頂くきっかけを作ります。
 
⑦ その他、高齢者・障がい者やベビーカーユーザー、外国人観光客なども含む様々な旅行困難者のバリアを解消するための取り組み。
 
皆様のご支援を引き続きお願い致します。